HOME > 実施施設更新 > 更新申請 認定基準|審査手続き(施設)

浅大腿動脈ステントグラフト 実施基準



浅大腿動脈の狭窄・閉塞病変に対しステントグラフトを用いた治療を行うにあたり、以下の実施基準を遵守すること

施設基準(更新時)

施設、設備基準

  1. 手術室または血管造影室にDSA装置が常設されている体制を有すること
  2. 心臓血管外科専門医認定機構認定修練施設、脈管学会認定研修施設・研修関連施設、CVIT認定研修施設・研修関連施設、IVR専門医修練施設

体制

  1. 心臓血管外科専門医が常勤していること、又は心臓血管外科専門医が常勤している施設と連携(注1)していること
  2. 心臓血管外科専門医と共に適応を検討する体制を有すること
  3. 末梢動脈疾患の創傷治癒の経験を有し管理ができる体制を有すること

注1:連携とは、下肢バイパス手術を含めた緊急外科処置の対応が得られる体制を有することをいう。実施施設は連携対応施設との確認書を浅大腿動脈ステントグラフト実施基準管理委員会に提出し、審査を受けるものとする。



申請時提出書類

実施施設の更新申請にあたっては、 以下の資料を提出して下さい。必要書類は更新申請データ呼び出し後のページよりダウンロードできます。

  1. 【更新用】実施施設基準審査申請書(様式1)
    更新申請データ呼び出し後のページで修正など入力後に、その内容を反映したものがプリントアウト出来ます。
  2. 【更新用】実施施設調書(様式2)
  3. 【更新用】心臓血管外科専門医による確認書(様式3)
    →心臓血管外科専門医が常勤していない施設のみ提出して下さい。
     施設基準の体制の(注1)参照のこと
  4. 既に認定を受けている 研修施設や修練施設の認定証のコピー
    →心臓血管外科専門医認定機構認定修練施設、脈管学会認定研修施設・研修関連施設、CVIT認定研修施設・研修関連施設、IVR専門医修練施設 のうち、最新のものをいずれかひとつで可
  5. 申請料振込票のコピー


付帯事項

  1. SFASG管理委員会による使用実態調査(2019年5月〜6月に実施)への回答が済んでいること
  2. 脈管学会認定研修関連施設については、これまでに行われた末梢動脈疾患に対する血管内治療30例を含む血管内治療50例を提出すること
  3. 実施施設については、3年毎に更新審査を受けること



審査手続き(実施施設 更新)

実施施設

1-a) 実施施設基準審査更新申請データ呼び出し後、変更のある部分や未入力部分があれば入力

1-b) 内容確認(確認画面)

1-c) プリントアウトページへ(ボタンを押すとフォームの送信をします)

1-d) 表示のものをプリントアウト(【更新用】実施施設基準審査申請書(様式1))、提出時に押印を忘れずにお願いいたします。

■ 受付自動返信メールを送信します(会員ID番号の発行・手数料振込案内等あり)

2) 必要書類をダウンロード、記入
【更新用】施設調書(様式2) / 【更新用】確認書(様式3)

3) 実施施設更新審査・証明発行手数料振込み
振込時にメールに記載のID番号を必ず入れてください。

【審査料:30,000円】

4) 必要書類

1.【更新用】実施施設基準審査申請書(様式1)※押印 
2.【更新用】施設調書(様式2) 
3.【更新用】心臓血管外科医による確認書 
4.既に認定を受けている4つの研修施設や修練施設の認定証のコピー(最新のもの)
5.振込票コピー
※脈管学会認定研修関連施設のみ、これまでに行われた末梢動脈疾患に対する血管内治療30例を含む血管内治療50例

を下記まで郵送

郵送先 〒160-0023
東京都新宿区西新宿6-6-3 新宿国際ビルディング 新館6F
SFASG管理委員会 宛

5) 審査

6) 実施施設審査終了証発行
・更新予定日の前々月20日までの受付 → 更新予定月の前月末 郵送予定
受付とは、必要書類を揃えて郵送、当委員会事務局に到着した日(20日必着)のことをいいます。フォームに入力、送信しただけでは受付されていませんのでご注意ください。