HOME最新情報一覧 > お知らせ

お知らせ

脈管学会認定研修施設に関するSFASG施設認定要件について

脈管学会認定研修施設に関するSFASG施設認定要件について、下記の条件を満たしたものとする。
 
・手術室または血管造影室にDSA装置が常設されていること、及びSFASG委員会が規定する「体制」を有していること
・これまでに末梢動脈疾患に対する血管内治療30例を含む血管内治療50例の実績を有すること

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(参考)
日本血管外科学会血管内治療認定医申請条件
i)日本国の医師免許を有し、医師としての人格及び見識を備えていること。
ii)日本心臓血管外科専門医、または外科専門医かつ脈管専門医であること。
iii)過去に術者30例(指導的助手を含む)を含む、血管内治療(末梢動脈疾患に対する血管内治療30例を含む)を50例経験していること。
 
CVITにおける研修関連施設申請条件
申請時の前年末日までの3年間で、300例以上のカテーテル治療(ただし、150例以上は冠動脈形成術)を実施していること。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・